上田市 上田市 修理 点検 部品交換 オートガレージ フリースタイル - autogarage FreeStyle

画像

修理 点検 部品交換 

 facebook下記もをご覧ください ↓
https://www.facebook.com/AutoGarageFreeStyle

 ロータリーエンジン13Bのタービンの真価を引き出しトルクアップを
http://www.freestyle7.com/shaken_34.html

http://www.freestyle7.com/shaken_24.html

タワーバー、アンダーバーにてボディ補強剛性UP、最高レベルの剛性を確保。バルクヘッドの要所とタワー部を結ぶことにより、同時にブレーキフィールも向上。外部よりボルトオンにて、取り付けも低コストで、新車時の剛性に、走行風を最大限利用して冷却効果を高めるため、車輌前方部にインタークーラーをラジエターとレイアウトを変更し装着ターボチャージャーにより圧縮され、高温化した空気を冷却し、エンジンへの充填効率を高めるため、ターボ効率も最大限に引き出すことができますよ。

facebook下記もをご覧ください ↓
https://www.facebook.com/AutoGarageFreeStyle

 車検24ヶ月点検依頼
http://www.freestyle7.com/shaken_18.html

facebook下記もをご覧ください ↓
https://www.facebook.com/AutoGarageFreeStyle

 HIDライト交換作業後

やはりライトはhidでしょう、顔が締まって見えます、少し黄色のライトは車が、古く見えるのは自分だけでしょうか?白色灯はやはりカッコ良いです。皆さんも是非今は価格もだいぶお安くなっています、あまり安いものは、左右の明るさが違ってしまったり、色違いになってしまったり、すぐに点かなくなってしまったりといった、故障が出るものがあります、ある一定の商品がよいと思われます、ご相談下さい。

facebook下記もをご覧ください ↓
https://www.facebook.com/AutoGarageFreeStyle

 RX-7 漏電、エアコン効かない、エアロ取り付け・・・

一宮のお客さま、車検、漏電どこからか電気が漏れているらしい見つけなければ、エアコンも効かないガスチャージで行けるかな?リアアンダーエアロもカッコいいからつけるのだ。

 車のバックランプをLEDバックランプに加工致します。
http://www.freestyle7.com/bankin_13.html

外車のバックテールランプは本国仕様のままですと
ブレーキランプ、ウインカーが赤色になり
クリアー透明になっている所にバックランプが入ります、ですのでクリアーの場所にウインカーを入れると、バックランプの居場所が無くなり、あのカッコ悪いバックランプになっちゃます。ですがこの加工ですと、綺麗にバックランプが取り付けられます。


以前のように小さなバックランプをつける必要はありません!!
テールランプは本国仕様のまま日本道路交通法に適合するように
バックランプをLEDバックランプに加工製作、結構これが明るいんですよ。


facebook下記もをご覧ください ↓
https://www.facebook.com/AutoGarageFreeStyle

 LSDオーバーホール
http://www.freestyle7.com/shaken_34.html

http://www.freestyle7.com/shaken_24.html

イニシャルトルクとはケース内のディスクを圧着させる与圧の事です。
複数枚のディスク間に設けられるクリアランスに対し、サラバネを使って与圧させるのです。
この与圧だけではディスクは互いに滑ってしまいます。(エンジントルクによるプレシャーリングの推力と比較をすれば、与圧は遥かに低い力)
イニシャルトルクは加減速に対し車輌をギクシャクさせず、安定してLSDの効きを維持する為に必要とします(ハンチングの防止)。
マルハのイニシャルは7kg(±1kg)で設定をしています。比較的穏やかなイニシャルに設定をしていますが、イニシャルの上下でLSDの容量が変わるものではありません。
イニシャル変更で、LSDロックまでの時間(瞬間ですが)も変えることが出来ます。
カム作用により外に押し広げられるプレッシャーリングがディスクを圧着させてLSDがロックしますから、与圧が低い程圧着までの時間が掛かる事になります。
つまり、イニシャルを上げればより瞬時にLSDがロックし、(アクセルへの反応が速い)
イニシャルを下げれば比較的ダルにロックするので日常的には乗り易い特性になります。
ただし、イニシャルを上げるほど、ディスクが互いに圧着され、最初からLSDが多少なりとも効いている状態となり、トルク感応型とは呼べなくなります。
日常的な要素を残しつつ、LSDを楽しむ方向に向けることは、相反する要素を取り入れる事でもあり、この辺りの兼ね合いが難しいところです。

facebook下記もをご覧ください ↓
https://www.facebook.com/AutoGarageFreeStyle

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0268-71-6678
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!